嫌なことが有れば良いことも。エアコンクリーニングに関して考察

2020年06月28日 18:02

コロナの関係で、世界的な混乱が続いています。
後々、私たちのライフスタイルに今以上に、影響を及ぼすと考えられますが、それがどの程度なのか、今の段階では、誰にもわかりません。

でも、長い雨が晴れないことはなく、長い冬もいつか春になるように、必ず辛いこと、嫌なことを上回る、良いことも訪れます。

それが、どんなタイミングで、どのようにして起こるのかは、絶対に誰も知ることは出来ない事ですが、朝方の暁が近い時、一番夜の闇が深いとも言いますし、具体的に答えを今現在、得ることが出来ないので有れば、焦らず時を待つことがとても大切、と感じます。

それが、世間的な事であれ、身近な事であれ、何か問題が起こらなかった時代、人はないですし、大きな障壁を乗り越える事で、予想もしていない、自分が望んでいた以上の幸福が訪れる事も沢山あります。 
ハウスクリーニングの世界でも、コロナに比べると、3倍くらいのスピードで色々な事を改善することが、求められています。

コロナから私が学んだことは、危機感を常に持ちながら仕事をする事がいかに大切か、ということでもあり、また、信頼できる会社の仲間がいかにありがたい存在かを改めて気づかさせてくれました。

負の出来事を、人間の持つ知恵と工夫でその出来事があったから、今の幸せがある、と思えるように、地道に見えても、誰も見てくれていなくても、やるべき仕事をやっていく事が大切と考えております。

お客様が少しでも、ネコの手スタッフの清掃作業を通して、明るい気持ちになっていただけますよう、私たちも笑顔で丁寧なクリーニングを行って参ります。

前のページ
家庭内での感染予防
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)