家からウィルス除去のためのエアコン清掃

2020年04月06日 13:01

室内にウィルスを滞留させないために

新型コロナウィルス、まだわかっていないことも多いですが、3時間程度、感染力を保ったまま空気中に浮遊する、と一説には言われています。

また、一般的なインフルエンザ等のウィルスは、空気中に漂った後に床や、ソファ、ベッド等に落下していきますが、人間がそこを触ったり、歩いたりすると、空中に拡散していきます。

我々、掃除業に携わるものとして、お客様の健康的な暮らしにお役に立つため、次亜塩素酸水、アルコールを使用して、エアコン、室内の清掃を行なっております。

エアコンは、室内の同じ空気を循環させて、冷やしたり温めたりしています。

冷房の場合、室内の空気をいったん、空調のアルミフィン(パネルを開けてフィルターを外すと見える銀色の金属)で吸い込み、部屋の湿気と熱だけを外に出して、冷やしていく仕組みなのですが、この時に、汚れの詰まりが無いと、室内の水分をどんどん外に出してくれますので、一緒に、悪い菌も排出してくれます。

内部はキンキンに冷えており、氷水程度の結露水が発生しますので、ウィルスを殺菌して外に出してくれるという仕組みです。

これをやっておけば、絶対に安心というわけでは無いのですが、室内の空気清浄効果はとても高くなります。

これから、暑い季節を沖縄は迎えますので、エアコンのコンディションを良好に保つことは、体調を管理する上でもとても大切です。

エアコンクリーニング業者として、掃除を通して、少しでも安心出来る暮らしに寄与したいと、切に願っております。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)