エアコン稼働による空気の清浄効果

室内には様々な有害物質や、汚染物質、くさい臭いの元になる成分が沢山あります。

人間の汗の成分、体臭、外から入ってくる排気ガス、料理の時の煙、カーペットの匂い、等々、現代人は、色々な臭いの成分や、化学物質の充満した部屋に住んでいると言っても過言ではありません。

よくお客様から、エアコンをクリーニングした後に部屋の空気が新鮮になった、と言われることがあります。

なぜこのような現象が起こるかというと、室内の汚れ物質や、匂いの成分は、水に溶けやすいため、部屋の空気の水分に溶け込んでおります。
エアコンを稼働させると、一気に室内空気をエアコン内部に吸い込みます。
吸い込まれた汚染物質は、エアコン内部に発生する結露水と共に、外の汚水ホースから排出されるため、室内の空気が綺麗になります。

もちろん、窓を開ける換気も重要ですが、このエアコン自体の大変優れた性質を活かさない手はありません。

ただ、エアコン自体が汚れやホコリで詰まっていると、せっかくの空気の汚れを外に出してくれる性能のパワーも半減してしまいます。

ただ単に、汚れが見える、少しクサイ臭いがする、という理由で、クーラー掃除を頼んでいらした方も、この事を理解して下さると、もっとエアコン掃除の意義深さに納得していただけると思います。

部屋の空気のクオリティが下がると、イライラしたり、集中力がなくなったり、アレルギー等の疾患の原因にもなります。

室内の空気質を常に良い状態にするためには、空気清浄機と同じように、エアコンクリーニングが必須です。



powered by crayon(クレヨン)